推奨されているサプリメント商品

 

魅力のある特典で消費者を増やしてイク!

 
 
インターネットでショッピングが出来る時代になっていて、日頃街中で見ないような商品もネット上ではよく売られており、健康や栄養などを気遣ったサプリもたくさん発売されています。

消費者にとっては便利なさぷり 通販ですが、最近では、その会社の数が非常に増えている為消費者の取り合いのような事にもなっていて、その価格競争も激しくなってきているように思います。

何よりも、消費者は商品の内容や効果と同じくらに値段にも目を光らせているので、価格設定がどんどん下がってきているもの現状なのです。

そんな中、通販サイトは特典という所に目を付け、消費者にお得感というものを提供しようとしているのです。

ある通販サイトでは5つ注文すれば、1つを無料でサービスという特典を消費者へ提供したり、無料で会員登録をして購入する事にポイントが貯められるシステムを作り、貯まればそのポイントでまた買い物が出来るという特典を提供したり、期間限定で設定された金額以上を購入した場合は70%オフになるというようなサービスがどんどん始まっているのです。

価格を下げて、更にいかに魅力のある特典を付ける事で消費者を増やしていくか!という事を重視して販売会社の競争はまだまだ止まる気配はありません。


 

セルフメディケーションでサプリを推奨?

 
 
阿部総理の政策の一つとして、健康産業に力を入れようとしていることを知らない人は多いのではないでしょうか?

どうして、健康産業に力を入れようとしているのかというと、セルフメディケーションを一般化していくことが狙いとなっているんです。

自分の責任で健康管理を行い、医師に診てもらわなくてもいいような症状なのであれば、自分で治療をしていくという考え方がセルフメディケーションとなっています。

日本再興戦略や規制改革実施計画が2013年6月発表されていましたが、この時にサプリメントを含めた健康食品の規制を緩める方針が固められたのです。

これまで、栄養機能食品と特定保健用食品のみしか機能について記載をすることができなかったのですが、2015年からは企業の判断でサプリメントなどにも機能について記載をすることができるようになるのです。

今までの場合は、特定健康食品でしか、「血圧にお悩みの人へ」などといったことを表現として記載をすることはできなかったのですが、今後はちゃんと研究によって効果が証明されているものに関しては、特定健康食品以外でもサプリメントなどでも記載をすることができるようになるわけです。

これも、セルフメディケーションを推進するための、一手といえるでしょう。

また、真性を作るために、「食品の新たな機能性表示制度に関する検討会」が2013年12月に発足をしています。

今着々と水面下で、セルフメディケーションの準備が行われている状態なのです。

email this
Share on GREE
LINEで送る
Pocket
Share on StumbleUpon

更新情報